引っ越しトラブル

引っ越し業者のよくあるトラブル事例

引っ越し業者の悪評とトラブルについて、よく見られるものをまとめてみました。過去トラブルから調査して一番多いのが強引な営業です。

 

引っ越しを業者に依頼するときには、何社かの見積もりをとって比較することが多いでしょう。値段やサービスなどを比べて自分が一番気に入ったところに頼み、他社は断りますが悪質な業者では、その断りの連絡のときや後日、しつこい勧誘があったり自宅まで押しかけられたり、ということが見られます。

 

あまりにもひどい場合には警察に相談しても構いません。あと悪質なのが見積もりをとっただけで梱包用のダンボールを残していき、他の業者と契約するとダンボール代を請求するという事例への相談が、国民生活センターへ多く寄せられています。

 

契約後にダンボールを頂き他者を利用したのなら依頼側に問題があるのですが、見積もり段階でそのようなことをされても依頼者側には非はありません。

 

最近はインターネットでの見積もりが増えています。中には、光ファイバーの契約を条件にしている引っ越し業者がありますが、その条件がホームページではわかりにくいところに書かれています。あとから気づいてキャンセルを申し出ても、すんなりとは応じてもらえない場合が多いようです。

 

小規模な業者はトラックの手配や人員不足が原因で起こり得ることですが、引っ越し間際になって、業者の方からキャンセルを申し出てくるという事例もありました。

 

引越し業者を選ぶ基準としては国土交通省の認可を取得している業者、を基準に選らんだほうが良いといえます。

 

料金に関するトラブルについて

 

見積もり時に提示された金額より高い請求をされた、というトラブルが多くあるそうです。特に電話やインターネットで見積もりをし、そのまま申し込んでしまうことが原因のようです。

 

引っ越し業者は荷物の量で、作業人数や時間を決めます。正確な荷物の量が見積もりには重要なのです。引っ越し業者の営業マンなどに自宅に来てもらって確認してもらうと、より正確な荷物の量がわかってトラブルを未然に防げます。

 

見積もりのときには処分するはずだった家具を、引っ越しではやはり運ぶことになったという場合も、請求される金額が増えることがあります。荷物の量が大幅に変わる場合は、早めに業者に連絡しておきましょう。

 

新築マンションへの一斉旧居は、引っ越しにかかる予定時間を超えてしまうことがあります。搬入の待ち時間も作業時間と見なされ、追加料金がかかる場合があります。事前に待ち時間の料金について確認しておく必要があります。

 

料金の計算に時間制を採用している業者は注意が必要です。移動中や休憩中も料金として換算されるので、見積もり時間を超過した分は全て追加料金として請求されます。よほど短時間で終わる引っ越しにしか利用しない方が無難でしょう。